ベンくん【大阪 犬のしつけ】

大阪でドッグトレーナーをしています、明浄です。


犬のしつけやトレーニング、犬の豆知識、お客様わんこなどを投稿していきますので、

ぜひ読んでいただけると嬉しいです!


今回はベンくんのレッスンの様子をお届けいたします♩


僕大きくなったでしょ?

ベンくん2回目のレッスンでしたね。


前回より私に対しての警戒心が減り、

自ら匂いを嗅ぎに来てくれたり、一緒に遊んでくれました♩


さて、今回はトイレトレーニングの進み具合の確認や、

体を触るトレーニングなどを行いました。


トイレをまだ100%理解することが難しいベンくん。


お迎えしてすぐにまずはトイレ問題に悩まれる方も多いかと思います。


まず犬はトイレをどのようにして理解するのかを知っておきましょう!


犬はトイレを

・場所で覚える

・足の裏の感覚で覚える

と大きく分けるとこの2パターンがあります。


まずは場所で覚えるパターンについて。


お家の中の決まった場所にトイレを設置すると思いますが

場所で覚える子は、そのトイレの場所が少しずれていると

トイレを失敗してしまうことがあります。


ですがその場所以外での排泄を好まない子が多いので

一度覚えると失敗はかなり少ないです。


トイレの場所が変わると理解ができなくなり

もう1度トイレトレーニングをしなければいけない場合もあります。


足の裏の感覚で覚える子は

ふわふわとした感触の上で排泄をすることが多いです。


なので覚えるまでは絨毯やマットを外したりなど

環境設定をしっかり行う必要があります。


逆にわかりやすい環境にするだけで

トイレシーツでの排泄ができるようになることもあります。


と、このようにその子によって覚え方が違うので

その子に合わせてトイレトレーニングをしていく必要があるのです。


ベンくんはトイレの近くまで行く様子もありますが

全然違う場所で排泄をすることもあるそうです。


ですが毎回同じような場所で排泄をしようとするということなので

物理的にその場所へ行けないようにしていきながら

トイレへ導いていきます。


そして、トイレトレーニングで大事なのが

排泄ルーティーンを掴む事。


1日に何回おしっこ、うんちをするのか。

どのタイミングでするのか。

排泄前の行動の把握。


などなどこれらを飼い主様が管理できるようになると

トイレマスターへの近道になります。


ベンくんの飼い主様はベンくんの排泄ルーティーンを把握していましたので

あとは誘導を確実に行なっていくだけで成功率がアップしてくることでしょう♩


トイレトレーニングは地道ですが

毎日繰り返せば必ず理解をしてくれるようになりますので

同じようにトイレトレーニングにお困りの方がいらっしゃったら

ぜひ参考にしてみてくださいね。


あ〜、そこそこ〜♩

ベンくん、次回は一緒にお散歩に行けたらいいね!

楽しみにしています♩


長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

お問い合わせ:dog.voice.training@gmail.com

営業時間:9:00〜20:00

定休日:不定休

CONTACT

​dog voice

〜ドッグヴォイス〜