八重丸くん【大阪 犬のしつけ】

大阪でドッグトレーナーをしています、明浄です。


犬のしつけやトレーニング、犬の豆知識、お客様わんこなどを投稿していきますので、

ぜひ読んでいただけると嬉しいです!


今回は、八重丸くんのレッスンの様子をお届けいたします!


おやつウマウマ〜♩

私との距離が回数を重ねる度に近くなってきた八重丸くん♩

嬉しいよ〜!頑張ってくれてありがとうね〜!


元々少し慎重派さんの八重丸くん。

自分の家にあまり知らない人が入ってくることに

怖いと感じるのは仕方ないよね。


でも今回も私の手からおやつを食べることができました♩


それだけで十分だよね!


さて、今回はトイレトレーニングについてや

体を触る練習などを行いました。


トイレはまだ100%成功まではできていないものの、

初めに比べると成功は増えたとご報告をいただきました。


トイレトレーニングについては何度もブログで詳しくお話ししてきましたが

まず大事なこととしては、


愛犬のトイレ周期を把握すること。

トイレの場所や大きさを改めること。

的確な誘導と褒めを繰り返し行うこと。


その他にも大事なことはたくさんありますが、

今回はこの3つについてお話ししようと思います。


まずは、愛犬のトイレ周期を把握すること。

これができないと、成功体験を積むことはできません。


パピーを迎え入れたお家であれば、1日の排泄の回数が多いでしょう。

成犬であれば1日に数回しか排泄をしないと思います。


それを毎回メモに書くなりして

愛犬の排泄ルーティーンを把握していきます。

毎日メモを取っていると同じタイミングで排泄をしていることに気づくはずです。


そして2つ目の、トイレの場所や大きさを改めること。

色々なお家にお伺いさせていただく中で

トイレトレーニングを始めていく時に私は毎回と言っていいほど

「トイレの大きさを大きくしましょう」とお伝えします。


よくある小型犬用のレギュラーサイズのトイレだと

正直難しい場合が多いです。


というのも、トイレを認識してもらうために

毎回必ず犬の4つ足がトイレトレーの上に乗った状態で排泄をしてもらうからです。


小さいトレーにすればするほど、命中率が下がりますし、

足を乗せることができないほど小さいトイレだと

まずトイレを認識させてあげることができません。


なので、トイレトレーニングを始めようとしている方は

トイレの大きさを改めてみることをお勧めいたします。


そして3つ目の、的確な誘導と褒めを繰り返し行うこと。


これは言わなくてもわかっていただけるかと思いますが、

初めから自分でトイレに向かうなんてことは珍しいことです。


人が意識的に愛犬をトイレに誘導してそして成功体験を積ませてあげる。

タイミングよく褒めてトイレで排泄をすることの理解を深めてもらう。


これができる方は、トイレの成功率がググンと上がってきます。


八重丸くんも一生懸命頑張ってくれています♩

同じようにトイレトレーニングにお悩みの方がいらっしゃったら

早めにご相談くださいね。


八重丸くん、次回は一緒にお散歩に行こうね!

楽しみにしています♩


長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

最新記事

すべて表示

dog voice

大阪 犬のしつけ〜ドッグヴォイス〜

エリア:大阪市全域 他(お気軽にご相談下さい)
営業時間:9:00〜20:00

定休日:不定休

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram