大福くん【大阪 犬のしつけ】

大阪でドッグトレーナーをしています、明浄です。


犬のしつけやトレーニング、犬の豆知識、お客様わんこなどを投稿していきますので、

ぜひ読んでいただけると嬉しいです!


3投稿目は、大福くんのレッスンの様子をお届けいたします♩


大福くんレッスン
シャキッ!

久しぶりのレッスンだった大福くん。

1歳になり、体つきもたくましくなりましたね!


お家に上がらせてもらってすぐは少し警戒していたのか

私に対して吠えていたのですが

すぐに吠え止み、私が抱っこをしても問題ありませんでしたね。


この人は怖くないぞ!と思ってくれれば

甘えん坊発動!


今日も可愛いが炸裂でしたね〜♩


さて、レッスンではトリックに挑戦してみました!


まずはお手に挑戦です。


大福くんお手トレーニング
これで合ってますかね〜??

初めは、どうしたらいいのかわからない様子でしたが

すぐに理解が深まり、あっという間に習得してしまいました!


学ぶことに対して、とても前向きな姿勢なので

私たち人側が伝えたいことを読み取ってくれるのが上手です。


飼い主様も、「こんなあっという間にできるの?!」と

少しビックリしたご様子♩


犬に伝わりやすい誘導、そしてタイミングよく褒めることで

あっという間に理解してくれちゃうんです。


この調子で、次のトリックにも挑戦してみました!


お次は体を転がす「ゴロン」というトリック。


まずは、大福くんが転がりやすい環境で行いつつ、

どちら側に転がるのがやりやすいのか確認していきます。


そして転がりやすい方向がわかったら、その方向で練習を始めていきます!


大福くんゴロントレーニング
コロコロ〜〜〜

可愛いお腹が丸見え〜〜♩


しっかりと転がってくれていますね。

転がることに対してタイミングよく褒めてあげて

「何をしたらご褒美がもらえるのか」をしっかりと理解してもらいます。


飼い主様にタイミングをお伝えし、何度かやっていただくと

とてもスムーズに転がれるようになりました♩


習得が早いね〜〜!


トリックは必ず必要な項目ではありませんが、

できることによるメリットはたくさんあります。


例えば、お手ができるようになることで

足先に触ることへの抵抗を軽減させてあげることができます。


足先を触ることを苦手とする子は多いです。


そんな子にはお手で楽しくコミュニケーションを取りながら

触ることへ慣れさせれあげれば一石二鳥ですよね♩


そしてゴロンも実はできるようになることで

メリットがあるんです!


普段あまりじっくりと犬のお腹側を見られない飼い主様も

いらっしゃるのではないでしょうか?


お腹に炎症が出ていたとしても気づけないと

対処ができません。


でもゴロンをすることで、お腹の様子を確認することができます。


そして病院での診察でお腹を見られる時も抵抗なく

犬自身が治療に協力してくれるようになります。


トリックはこのように犬自身のストレス軽減にもつながる

大切なトレーニングなのです。


無駄なんて思わずに、

まずはトリックでトレーニングの扉を開けてみませんか?


大福くん、今回もとても頑張りました!

毎日コツコツ継続していこうね♩


長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

最新記事

すべて表示