DOLくん【大阪 犬のしつけ】

大阪でドッグトレーナーをしています、明浄です。


犬のしつけやトレーニング、犬の豆知識、お客様わんこなどを投稿していきますので、

ぜひ読んでいただけると嬉しいです!


今回は、DOLくんのレッスンの様子をお届けいたします♩


先日去勢手術も無事終わり、元気な姿で会うことができたね☆

よく頑張った!偉いぞ〜


少し手術した部分が気になっていたけど

すぐに慣れるから大丈夫だよ〜!


さぁ、今回のレッスンでは来客時のインターホンへの対応をさせていただきました。


警戒心により、来客があると吠えてしまうDOLくん。

怖い気持ちを少しずつ和らげてあげるトレーニングを行なっています。


インターホンが鳴ると吠える。

よくご相談でいただきますが、吠える理由は様々です。


例えば、人が大好き!で、インターホンが鳴ると

遊んでくれる人がやってくる、とプラスのイメージを持っている子は

嬉しくて興奮が高まり吠えてしまいます。


あとは、DOLくんのように

警戒吠え(マイナスのイメージを持っている)をする子もいます。


インターホンが鳴った後の飼い主様の行動を見て吠える子もいますね。


インターホンで吠える子はどちらかというと、

2つ目のイメージを持っている子が多いです。


人との距離を保つタイプの子、

慎重派さん、

社会化不足さん、


などなどは、2つ目のタイプの子が多いですね。


まずは、愛犬がどんなことを考えて、どういう理由で吠えているのか

そこを考えてあげないといけません。


吠えているから叱る。怒る。


なんてことはむやみやたらにしてはいけませんよ。

逆効果になりますからね。


インターホンにプラスのイメージを持っている子は

落ち着かせてあげれば基本的には吠え止みます。


吠えていないことにメリットを与えて

吠えないという行動を増やしていくアプローチを行っていくと

問題解決の方向へ進んでいくのです♩


一方、インターホンにマイナスのイメージを持っている子は

吠えないという行動にメリットを与えるのではなく、

吠えなくても大丈夫。怖くないからね。と安心感を与えてあげつつ、

インターホンの音へのイメージを変えていくアプローチを行なっていきます。


DOLくんもまずはインターホンの音へのイメージ転換、

そして興奮が高まりすぎないようにクレートも併用しています。


「怖くて吠えた」回数の何倍も「吠えなくても大丈夫だった」という

経験を積み重ねてあげると行動は変化していきます。


いつも優しくDOLくんに寄り添ってくださっている飼い主様にも

本当に感謝感謝です♩


長期的に安定させてあげれるように

根本の問題を一緒に改善していきましょうね☆


DOLくんなら大丈夫だ!

やればできる子だもんね〜♩


またウマウマ持っていくから

楽しみにしててね!


DOLくんレッスン終わりにネムネムモード
僕頑張ったから眠くなっちゃった〜...

長くなってしまいましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。

最新記事

すべて表示